おせち料理のいわれ【一年の始まりは縁起物で迎えよう】

おせち料理のいわれ

 

おせち料理は江戸時代から庶民に親しまれてきた伝統ある日本の食文化。

それぞれの料理・食材には縁起の良い願いが込められているのをご存知でしょうか。

代表的なものをいくつかご紹介したいと思います。

 

海老

【海老…長寿】

海老は加熱するとくるんと背中を曲げることから、
腰が曲がるまで長く生きられるようにとの願いが込められています。

 

 

 

伊達巻

【伊達巻…繁盛・繁栄】

時は江戸、長崎から都に伝わってきた「カステラ蒲鉾」が伊達者(洒落者)の着物の形状と似ており、
こう呼ばれるようになったとか。巻物などの文書に見立てているという説もあります。
黄金色の見た目から、商売繁盛の願いが込められています。

 

 

 

黒豆

【黒豆…元気に過ごす】

”まめ”に暮らす=元気に暮らす、という語呂合わせから来ています。
もともと豆は健康の象徴として親しまれている食材でもあります。
ちなみに、関西風は丸く艶やかに煮ますが関東風ではしわを作るように煮上げます。

 

 

 

栗きんとん

【栗きんとん…金運】

栗きんとんは漢字で書くと「栗金団」です。
金財のことを表していて、繁盛を願うほか
豊かな一年を祈願する意味も込められています。

 

 

 

数の子

【数の子…子孫繁栄】

数の子の粒粒が沢山の子どもを連想させる上、
親のニシン(=二親)から「二親健在」に通じるとして古くから親しまれてきました。

 

 

 

紅白なます

【紅白なます…喜び】

昔から祝い事に多用されてきた紅白がめでたいこと、
材料の大根が大地にしっかりと根を張る様から一家の安定を願っています。

 

 

 

れんこん

【れんこん…先見の明】

沢山穴が開いているため「見通しが良い」「将来を見通す」という意味を込めて。