おせちのお重にはどんな意味があるの?

重箱の意味

重箱の意味・使い方

おせち料理を詰める重箱には実はきちんと意味があります。
まず、なぜ「お重」に入れるのかというと、幸せを「重ねる」という語呂合わせから。

 

また、お重の数は正式には四段重ね・五段重ねとされていますが
少子化が進み核家族が増えたため食べきれない家庭が多く現在では二段重ね・三段重ねが主流となっています。

 

それぞれの段に詰める料理にも決まりがあります。

 

例えば…
◎三段重ねのおせちの場合

 

一の重:祝い肴(ざかな)【黒豆・数の子・田作り等】、口取り【栗きんとん・かまぼこ等】
二の重:酢の物【紅白なます・酢蓮等】、焼き物【海老・鰤・鯛等】
三の重:煮物【くわい・ごぼう・里芋等】

 

※祝い肴は関東地方では黒豆・数の子・田作りですが関西地方では黒豆・数の子・たたきごぼうです。

 

◎五段重ねのおせちの場合

 

一の重:祝い肴(ざかな)【黒豆・数の子・田作り等】
二の重:口取り【栗きんとん・かまぼこ等】、酢の物【紅白なます・酢蓮等】
三の重:焼き物【海老・鰤・鯛等】
与の重:煮物【くわい・ごぼう・里芋等】
五の重:控えの重(何も詰めない)

 

「四の重」は縁起が悪いため、与の重と表記します。

 

五の重には何も詰めません。
きっちり五の重まで満杯にしてしまったら、もう幸せが入る余裕がなくなってしまうからだそう。
これからの幸せを詰めるためのお重、と言っても良いですね。

 

お重への詰め方いろいろ

 

段詰め

【段詰め】

 

最も伝統的・一般的な詰め方で、
おせち料理によって形成された縦横のラインがお重の四辺と平行
かつ各ラインの幅が均等になるように詰めると美しく仕上がります。

 

仕切りには葉らんを使うと見栄えも良く味移りしません。

 

 

 

枡形詰め

【枡形詰め】

 

祝いの席で頻繁に用いられる枡の形にならって重箱を対角線で仕切り詰めていきます。
対角線のラインははっきりさせたほうがすっきりとセンスよくまとまります。

 

 

 

 

 

 

扇子型詰め

【扇子型詰め】

 

重箱の一隅から扇のような弧を描きながら詰めていく方法です。
丸っこい食材をラインのきわに並べるとなめらかで綺麗な仕上がりになります。