黒豆の上手な作り方

黒豆の作り方

 

シンプルな味付けと調理方法でありながら、

なかなか完成度の高い黒豆を作ることは難しいんですよね。

そこで今回、都内在住の主婦Jさんのお悩みをおせち作りのエキスパートの先輩主婦様たちにぶつけてみました!

 

Q

お節料理を作り出して、はや6年目

いまだに『完璧な黒豆』が作れません。

皺が寄ったり、味が染みなかったり、色が抜けたり…

 

来年のお正月こそ完璧な黒豆を出す為にも季節外れですが、練習に何度か黒豆を作ろうと思っています。

 

そこで皆さんのお知恵を借りたく

『我が家の黒豆調理法』

をお聞きしたいと思います。

 

材料や道具、調理期間などなど詳しく教えていただけると嬉しいです。

 

A

こんにちは!

私はこんな風に煮てます。

 

材料は黒豆、お醤油、ざらめ(分量は適当にしてるのですみません)、鉄玉子(さび釘の代用)です。

 

お鍋に(私は圧力鍋ですが、普通のお鍋でも大丈夫かと)

お水と調味料を入れ予め煮溶かし、その中に洗った黒豆を入れて一晩そのまま置きます。

豆が吸うので水は多めで調整します。

黒くしたいので鉄玉子をここで入れます。

 

そしてそのまま豆が柔らかくなるまで煮ます。

そしてふたを開け水分の量と味を見て、水気が多ければ少し煮飛ばし

(豆が空気に触れないよう、そして多過ぎない位に)

好みの味に最終調整をします。

 

この方法で煮てますが、味がしみない事としわしわになる事はないです。

色は当日はまだ真っ黒にはならないんですが、少しづつ真っ黒になって行きます。

 

大雑把な説明でごめんなさい。

うまくいくといいですね。

 

A

私もお醤油とはちみつを入れたものにお豆を一晩つけます。

やっぱり、鉄の色出しは入れます。

圧力鍋で煮ますが、しわにならないポイントは煮てる時も、

煮てからの保存も必ず豆を浸してる状態にする事だと思います。

色はやはり、その日は真黒じゃないです。

次の日あたりから、真黒ピカピカになりますよ。

 

A

私は沖縄産黒糖使います。

仕上げても3日から4日毎日一時間くらい煮て艶だしします。

醤油は最後の日に入れます。

紙の落としぶたすると皺になりませんよ。

私の場合は水で戻してから砂糖と重曹を加えています。