余ったおせちの有効活用法【最後まで美味しく】

おせち活用法

 

余ったおせち料理は、賢く活用してフルに味わい尽くしましょう!

ここでは全国の皆さんのおせちの活用術をご紹介します。

味はお墨付きのものばかりなので是非トライしてみてください。

 

◆子どもたちも大きくなりおせちの味も分かってきたのか、

2日目には主だったものはなくなりはじめるようになってきました。

ここ数年は3日目の朝におせちの残りで「チラシ寿司」を作っています。

 

◆今日、みのさんの「思いっきりテレビ」で、鬼嫁で有名な北斗晶さんの

「おせちを使ったレシピ」をやっていました。

 

・伊達巻

・ハム

・蒲鉾

 

を使った「かき揚げ」

上の3つをさいの目切りにして、ホットケーキミックスに混ぜて揚げるだけ。

サクサクのおやつ感覚で食べられるそうです。

 

私は、上の3つを見て「チャーハン」も出来るなと思いました。

 

◆やったことはないですが(汗)、栗きんとんでモンブランやきんとんケーキはよく聞きますよね!

あと黒豆寒天とか、黒豆をトッピングに利用するお菓子とかもよく聞きますよね。

今度作ってみようかなあ?

 

◆会席で、黒豆とカットしたイチゴ、キーウィを盛って、ゼリーがかかったのを食べました(*^^*)

かなり美味でした。黒豆とイチゴ、合います!

 

あと、毎年残った煮しめは天ぷらにして食べてます。

 

◆数の子・田作り・昆布巻の端切れを利用して常備菜の『しっとりふりかけ』にしました。

 

塩昆布と鰹節削りをプラスしただけで、味付けはしていませんが美味いふりかけになります。

親戚のおばさんに教えていただきました。

 

◆残った煮しめはけんちん汁にしました。

 

黒豆は大量に煮たので2/3は冷凍にしてあります。

かまぼこなどは掻き揚げにしたり、焼きうどん等に普通に料理の具材として利用してます。

 

栗きんとんはお菓子に利用できそうですね。

今回は完食したので、次回やってみようと思います。

 

◆3日におせちリメイク弁当作りました。

煮しめからレンコン、椎茸、牛蒡、人参を取り出し刻み

醤油とみりんで煮詰め混ぜ寿司の具にリメイク。

伊達巻と蒲鉾も刻んで散らしています。

煮しめの蒟蒻は金平に、なますは野菜を足してサラダに変身!!

 

黒豆ご飯作りました。

とってもおいしかったです。

家族からもかなりの高評価でした。

 

◆おせちが余るなんて考えられない!というぐらいおせち好きなのですが(笑)、

今年は私も夫も風邪でダウンして、大量に作ったきんとんが余ってしまいました。

そこで、さつまいもプリンにしてみました!

 

卵4個、牛乳400cc、砂糖大さじ3ぐらい(適当)、栗は取り除いたきんとん200グラムぐらい(これも適当)、バニラエッセンス少々

以上をミキサー(我が家はバーミックス)にかけてガーッと液を作って、耐熱容器に入れてオーブンへ。

 

ほんのりお芋の味のする、しっとりしたプリンになりましたよ〜。